交通事故

image

明日は我が身、過信してはダメです。もしも交通事故にあってしまったら
1.)負傷者の救護と道路上の危険物撤去。すぐに運転を停止し、負傷者がいる場合すぐに救急車を呼びましょう。
加害者・被害者を問わず、負傷者がいた場合は速やかに救護しなくてはなりません。
人の命が第一優先です。加害者は警察に連絡する義務が発生します。
二次被害が起こるのを防ぐため、負傷者が軽傷ならば安全なところに非難してもらい、
重症の場合は動かさず救急車の到着を待ちます。(119へ連絡救急です!)
道路上の危険物などは撤去をし、後続者の車が事故に巻き込まれないように注意・配慮します。

2.)警察に人身事故の届けの連絡をする
加害者は必ず警察に電話しましょう。たいした事故では無いと自己判断はしないようにしましょう。
警察へ連絡しないと保険の支払いに必要になる【交通事故証明】が発行されません。
これを怠ると、賠償金が支払われなくなります。必ず届けるようにしましょう。
その際、届け出警察署と担当官の名前はメモしておきましょう。

3.)加害者・加害車両の確認
加害者の氏名・住所・電話番号・勤務先・自動車の登録ナンバーの確認をしっかりしましょう。
可能であれば、携帯の写メで免許証・車検証の写真を撮ってください。
相手が無免許だったり、自賠責保険等に入っていない場合も考えられます。
警察だけでなく自分でも必ず確認しておきましょう。
携帯のメモ機能やメール機能に状況を書く事をオススメします。
※勿論、事故に遭ってしまったら気が動転してしまいそれどころでは無い場合が多々あります…。

4.)事故の状況を記録
後日、争いになった際の証拠となります。
必ず事故現場の痕跡や、加害車両・被害車両の写真を残しておきましょう。
より状況が分かりやすくなる為と、過失割合を決める際に役に立つことがあります。
目撃者がいましたらお名前と連絡先を聞き、できればお願いして警察が来るまで待っていてもらいましょう。

5.)保険会社へ連絡する
自分で加入している保険会社に(事故の場合ほぼ24時間対応してくれるはずです)連絡をして下さい。
治療費の支払い・賠償金の請求は相手側の保険会社が基本的に窓口ですが自分の保険会社に今後の
対処法などを相談してみるのもよいと思います。

6.)医療機関への受診
事故の直後に症状が出てなくても、後から出てくる症状もある(脳損傷やムチウチなど)ので早めの受診が大事です。必ず受診するようにしてください。
※その後、リハビリなどで当院にかかる事もできます。ご相談してください。

7.)治療費の領収書を保管する
賠償金額請求の際必要になりますので、治療にかかったものの領収書は保管するようにしましょう。
などなど、気をつける事は沢山ありますのでご注意を!